オオオオー

nagisaちゃんにメールを送ったつもりが送れてなかった…orz
私がどれだけ闘莉王が好きかを語っていたのに!(送らなくて良かったのでは)
いや、磐田に萌えないから闘莉王に萌えてる訳じゃないですよ?
だだだだって可愛いんだもん闘莉王。 思わず携帯の待受画面も闘莉王(と松井くん)


さてさて本日はPaniCrew植木豪くんのお誕生日ですー。
9日に一茶さん、12日に坂田さんのお誕生日の話もしたかったけど何となく忘れてた。

パニにハマった当初、大嫌いでした。 歌声もビジュアルもキャラクターもダンスも。
つい3年くらい前の冬。 彼は『世界一(になったグループに在籍していた)』と言う肩書きで真ん中に持ち上げられてるだけであって、申し訳ないが相応しい実力があったとは思えなかった。
彼の歌が好きになったのは2年前の春。 2ndアルバムの頃。
『VOICE of JOKER』は私が今迄聴いてきたアルバムの中でも上位に入るくらい好き。
彼の、弱さを履き違えたナヨナヨした歌い方が大嫌いだったのですが、このアルバムではそれはきちんと強さを伴った繊細さとしてしっかり表現されていて。
そして、運命の2003年末のカウントダウン。 今迄の『造られた可愛い豪きゅん☆』キャラからの脱皮。 あれが私の中では衝撃でした。
元々ラジオでは適当にダラけた俺様な部分も垣間見えていたので、ライヴでの黙ってにこにこ頷く彼が嫌いだったんですけど、とうとう。
ああ、そうだ、と。 これが私の求めていた完璧な植木豪だ、と。
それからはもう豪くんにメロメロですorz 単純やなぁー。

だって、嫌いだった、苦手だった部分が全てなくなったんだもの。
ワンパターンだったダンスも、バリエーションが出てきた。技術も見せ方も。
ビジュアルは、大きく変わった訳ではないけど確実に着実に垢抜けた。
表情の作り方が上手くなったと言うのかな。 顔にお肉もついたし。

今のPaniCrewなら。 植木豪が真ん中でも、見劣りしない。
去年の売り出しの大失敗を経て今年は大変だったでしょうが、また来年。
一昨年の夏の絶頂を越す程の活躍を、夢に見ます。
………今更成功するかは非常に難しいと思ってるけどね。 夢見るくらいいいじゃない。


先日のライヴでやっぱりパニは好きだなぁと思った訳です。 水野哲也は別格ですけど。
[PR]
by hattori06 | 2004-12-15 01:12 | 好物
<< 凄い事になった 本日は自由が丘へ >>