翼の伝説が始まる

西が丘雪積もってたぞどういう事だ。
かなりガタガタ震えながら見て参りました、女子準決勝ペルーレvsベレーザ。
結果報告するとベレーザ勝ちましたー!!!
スコアは3-1。 前半3点入れて、無失点で逃げ切って欲しかったのですが、後半ボランチを2枚変えた途端に攻め込まれ失点。 凄い惜しかった。
3点の内訳は、荒川、澤、大野。 決める人が決めた感じで。
ともかく元日への道が拓けたのは素晴らしいことだと思いますよー! うれしい!

ピッチは積雪が凄かったです。 走り固めちゃってるから滑りやすそう。
ボールがその場で止まってしまうので、選手達も走りにくそうだし軌道読めないし。
よくあんな中で得点出来たなぁと思います。 流れなんて言ってられなくて、お互い一発勝負みたいな所あったしなぁ。
そこは起爆装置である荒川さんが口火を切ってくれた事で、良い形が出来ましたが。
とりあえず、両サイドバック中地と豊田は素晴らしく面白い。華麗に攻め上がり過ぎ。
決勝観に行かれる方、ベレーザはこの二人に注目ですよー。
中地さんは背番号2番で半袖手袋、豊田さんは背番号12番でオデコちゃん。

今日の酒井さんも素敵。 本日は久々に左ボランチで出場でした。キャアキャア!
相手の最終ラインがクリアして上げたボールが落ちる的確な位置に走り込んで、再度ベレーザの攻撃に切り替えてくれました。
酒井さんが居なくなって、上げられたボールを奪い帰せなくて攻め込まれたように見えたのは、多分贔屓目じゃないんだろうなぁと思います。

しかし、ガンちゃんの1点目の後の祝福のされ方が面白かったです。
キャッキャとガンちゃんの元に選手達が駆け寄り、始めは抱き合うようにしていたのですが。
途中でガンちゃんがバランスを崩し、そこにタイミング良く背中を叩かれたもので、雪のピッチに顔面から崩れ落ちる荒川恵理子。
一人じゃ起きられないようで、酒井さんとあと誰かに助けてもらっておりました。
荒川酒井っていいコンビだよなぁと、極寒の中心に灯を点すワタクシ。

試合終了後、初めて選手と話す事も出来ましてめっちゃ感動してるんですが!
しかも喋れた相手が小野寺さん。 小野寺さんは女子サッカー界の王子様と豪語していたので感動も良い所。 格好良かったよフエエエン。
「小野寺さんお疲れ様です! 元旦も行きますから!!」と拳を固めて叫んだら、「有難う御座います!」とガッツポーズを返して下さいました。
…私ガッツポーズのつもりじゃなくて寒かっただけなんですけどネ☆(そんなオチいらない)


とりあえず、寒いのでお風呂入ります。 あとお腹も空いた。
大海の事で実はかなり凹んでるけど、それはちょっと改めたい。
ベレーザ決勝進出の事だけは、上昇したテンションで書きたかったんだ。
[PR]
by hattori06 | 2004-12-29 17:51 | なでしこ
<< 邪魔な雲が隠すんだその先は 駆け出す世界に心奪われて >>