絆が少しずつ欠ける惨劇を

申し訳ないが、前半の内に「このままだったら」と言う結果が見えてしまい愕然とした。
隣でnagisaちゃんが「声出すくらいしか出来ないから」と大声で応援しているので言えなかったけれど、怖くて怖くて仕方がなかった。

今日は比較的上の方から見てたので、フォーメーションもばっちり見えた。
その筈なのに、誰がどの位置で何をしたいのかが全く読めなくて。
木下さんは意外と分析屋なので、声を出す事も忘れ現状打破の為のテコ入れ方ばかり考え出す始末。 こういう見方はいけないのかもしれないけど、そうでもしないと時間はたっぷりあるのに泣き出しそうだった。

だって、ボランチが居ない。
中盤でボールを裁く役割の人が、誰も居ない。
上がりっぱなしの福西さん、守備にいっぱいいっぱいの服部さん。
『個人』として見れば、素晴らしい部分はあった。
だけど、『チーム』として見ると、あの二人の距離は遠過ぎて。
今日もあの二人のダブルボランチだったのかな。 もしかしてそういう指示じゃなかったんじゃないかな。 そう思ってしまう程、何もない。
福西がもう少し後ろを気にかけてくれれば、と何度も思った。
お願いだから上がらないで。 お願いだからハットと同じ位置に同じ距離で居て。
お願いだから、二人でゲームを組み立てて。攻撃の底上げをして。

福西の攻撃力は、ロケットランチャーみたいなもので。
引き金を引いたらズドンと一発超強力な破壊力。 けれど、その弾数は極端に限られている上、撃った直後の隙も多い諸刃の剣。
それを頼りにし過ぎるのは、そして過信するのは余りにも怖い。

それから彼のボール扱いの雑さも目に付いてならなかった。
ヒールパスなのか何なのか曖昧な、何処も見ないでかかとにボールを当てて軌道を帰るヤツ。 あれ本当勘弁して頂きたい。
失点のきっかけになった鮮やかな抜かれ方。 集中力が切れてたとは思いたくない。

後半信男投入直前、nagisaちゃんに「貴方の考えはどうなってるの?」と聞かれたので、素直にそのまま話した事。
今迄は磐田は左サイド――名波と服部と俊哉で攻撃を組み立てるのが基本だったけれど、俊哉の居ない現状ではそれが出来ない。 だから、必然的に右で組み立てる事になる。
だけど、福西が真ん中に上がりっぱなしになる為、秀人が上がって河村と前田の3人で、起点を作り上げていたのが前半。
だけど、その前田を下げて隊長を入れてしまった事で、『三角形から成る攻撃布陣』が取れなくなったのかな、と。
信男投入に私は沸いたけれど、交代が西じゃなく直哉だった時点でテンションだだ下がり。 脳内プランも建て直し。
だけど、勿論私の脳内のようには福西崇史は動いてくれなくて。
折角道を拓こうとする信男に、全く連動しないチーム。
ロドに代えて藤田。 幾らかマシになり始める一人一人の動き。
何とか西くんが得点してスイッチが入るも、全ては遅過ぎると分かっていた。

それでも、もしかして、と思って。 応援したくて。
立ち上がって声を上げて、やっぱりフォーメーションなんて皆無のチームだったけど。




長いホイッスルの後。
喜ぶ緑の群れが視界に入った瞬間。

自分でも驚いたけど、声を上げてその場に泣き崩れてしまった。
小説のタイトルじゃないけれど、号泣する準備は出来ていた。

その後はもう、何だかフラフラしながら外に出て、浮上のきっかけに散財して。
気付いたらタクシー乗って原宿行ってリラックマに救いを求めご飯食べて。
上がったり下がったり真面目になったり不真面目になったり笑ったり泣いたりしながらnagisaちゃんと話し込んで。
で、お家に帰ってきて、今に至る感じかなぁ。

その間何を考えてたかって、ずっと福西の擁護。 自分でも呆れるくらいに。
「福西やる気ないんじゃないの?」と言う言葉に必死に反論してる自分に驚いた。
やる気がないんじゃないんだよ、只何か違うんだよ、と、泣きながら、それは反論とは呼べない言い訳だったかもしれないけれど。
やる気がないなんて思いたくない。 そんな人じゃない。 そこまで落ちた人じゃない。
何でだろう、あんなに最悪だったのに。 戦犯扱いされても仕方ないかもしれないくらいダメダメだったのに、今日に限って福西を信じたい。 今日の出来を否定したい。
感覚的に一つ確実に分かるのは、福西崇史が『奥大介』になるのが怖いんだ、私は。
『磐田』から、彼が居なくなってしまうのが何よりも怖いんだ。

心の何処かでそんな不安があったから、正直言うとこの記事に煽られて凹んだりしていたから。 福西が居なくなったらどうしよう、と思いながら、今日の最悪の出来の彼を見ていた。

>>追記<<
俊哉のコメント読んで失笑。 福西さんの上がりっぷりは同じピッチに立つチームメイトからしても謎だったんですね。 指示かどうかすらも分からなかったんですね。
それだけ、彼の気持ちが見れたと思えばプラスに考えられるかな。
だけど、なぁ違うだろ? 明らかに空回りしてただろ、福西。
でも、彼が熱くなっていてくれたって言うのが、純粋に嬉しい自分が居る。
私は福西崇史が大好きなんだ。 今日一日で嫌と言うほど実感。
>>追記終了<<

今の磐田は、何処を中心にチームを作っているのか全く見えないから怖い。
2003年なら、必ず攻撃なり守備なり、テーマのはっきりしたトライアングルが確固としていて、それを中心に他のポジションを作っていく形だったけれど。
とりあえず前田とグラウで、とりあえず名波はトップ下で、とりあえず西と河村にサイドやらせて、とりあえず福西と服部をボランチにして、とりあえずマコヒデと菊地の3バックにして、怪我が治ったから洋平をGKにするか、みたいな、試合のビジョンが見えないスターティングメンバーは嫌だよ。
五輪最終予選くらい、メンバーとっかえひっかえハラハラさせて欲しいモンです。
この際前田と服部でボランチとかどうだ(結構本気)



分析屋としては、とても勉強になった試合でした。
沢山頭を使う事が出来て、それは面白かったです。
だけど。
泣いても泣いてもまだ泣ける。
悔しくて悔しくて悔しくて。 磐田のサッカーが出来なかった事が、私の最愛にして一番大切な核である福西服部ダブルボランチが機能しない以前に居なかった事が、一瞬として『形』が出来なかった事が、全てが悔しくて。





えっと、今は平穏無事です。 頑張って浮上したのでもう泣かないようにします。
ざっと私信だけ。
ゆきこさん>お会い出来て嬉しかったです。つぅか面白かったです。
太田ツインズ(笑)の写真見せてくれてどうも有難うでした。 愛してる。
また何かありましたら連絡下さいね★ あと大阪遠征したら宜しくお願いします(笑)

ナオさん>花は紅、柳は緑、名波は青いは本日の流行語(たった一瞬だったのに)
女子決勝中、コートと財布と携帯見ていてくれて有難う御座いました(爆) また色々お話しましょうね! お姉さまにもよろしくとお伝え下さい。

nagisaちゃん>4日間どうも有難う。 今日は試合後リアルに「ウエエエエエエン」って泣き出してゴメン! 自分でも驚いた。マンガか俺。
あと、半分放心しながら磐田分析をしていた私が突然目の色を変えて闘莉王の生写真を買った事は皆には黙っておいてネ!!(笑顔)




今日一番格好良かった人→小野寺志保さん
今日一番可愛かった人→酒井與惠さん
今日一番面白かった人→荒川恵理子さん
今日一番ワクワクさせてくれた人→大野忍さん

今日一番胸を打たれた人→服部年宏さん

ベレーザ優勝の瞬間は、本当に素晴らしかったし感動したし嬉しかった。
だけどつまりそーゆー事。 はっとだいすきジュビロだいすき。
[PR]
by hattori06 | 2005-01-01 21:09 | ジュビロ磐田
<< 何も変わらずに過ぎてく毎日 朝にまで幸せは満ちてた >>