満たされた分だけ渇いた隙間を

本日の日記は藤田に本音でぶつかってみました。
ネガティブ藤田批判とも取られかねないので心配ですが、私は俊哉さんがだいすきです。
だいすきを免罪符にするつもりはありませんが、嫌いだったらこんなに悶々と考えねぇ。
ただ私は基本的にチーム>選手なので(例え服部でも福西でも川口でも前田でもね)、俊哉を一番には考えておりませぬ。 その辺まぁ適当に噛み砕いて下さい。




◆藤田19日決着 (相太さんの下の記事)

山本昌邦体制化、と言うとやはり五輪代表を例にし比べてしまう訳で。
それを見ると、藤田俊哉ベンチスタートって言う理由もネガティブじゃないと思う。
ポジションは違えど、私は藤田俊哉=五輪における大久保嘉人、だと思ってます。
信頼してるからこそベンチに置いて、ここぞと言う見せ場を演出する選手と言うか。
昌邦の構想の中に、俊哉が入ってないとは思えない。

俊哉さん自身は『スーパーサブ的扱い』はキャラじゃない、と仰っておりますが。
確かに彼はスタメンで出て攻撃のリズムを作る事が出来る選手、だけれど、『途中から出場して流れを変える』事だって充分に出来る。
例えば。名波浩が途中から出場して流れを変える事が出来るだろうか。
途中出場トップ下で流れを変えられるだけの力は、正直今の名波さんから見えず。
『そういう使い方』が出来るって言う、ポジティブな考えはして貰えないのかなぁ。
勝利の為には凄い貴重な使い方だと思うんだけど、彼の中では違うのかなぁ。
代表で途中出場は何も言わないのにね☆ →つまり代表じゃ仕方ないけど磐田で途中からの使われ方は納得いかないんだろ?って受け取れる訳。 磐田と代表と彼の中でどう違うのか、と考えるとせつなさ炸裂。

そして彼は『スタメンフル出場』が条件と申しますが。
正直俊哉さんのフル出場はちょっと厳しい時が多い。 体力的な意味でなく。
良い時は良いけれど、悪い時は本当勘弁して欲しいくらいのやる気空回り系。
サッカーは一人で出来ないからこそ、最高の選手を外す事だって彼なら分かる筈。
徐々にフル出場の機会は減ってたしね。 若手を試す意味でもあったろうけれど。

ここ最近の報道には、『磐田』を愛しているんじゃないの?と悲しくなるわけで。
俺達の磐田の俺達の俊哉。 より高いレベルを目指す為には、このチームじゃダメ?


やっぱり海外移籍、そして代表召集以降なーんか藤田俊哉に違和感。
2004年は、2003年夢を見続けた虚像をボロボロと崩して下さいました。
いや、俊哉らしいシーンもシュートもあったけどそれ以上に悪い所を見てしまった。


夢から醒めた夢。
2005年は頼みましたよ、あの輝きを是非もう一度見せて下さい。
[PR]
by hattori06 | 2005-01-19 15:56 | ジュビロ磐田
<< 大丈夫私はきっと貴方を忘れるから 瞬く度に僕ら何を失くしてゆくの? >>