呼ぶ声さえこの胸の一番奥を掠めてく

マイナスな事は昨日考え過ぎたので、今日は手放しに喜ぶよ。
例えこの先に何があったとしても、今は俊哉を信じてる。


藤田が磐田残留、神戸蹴った

ふ… ふ…… ふ………!!!!
藤田ぁぁぁあァァァああああァぁ!!!!!
ああ泣いたさ昨日の涙と違ってこれは嬉し涙さ文句あるか。
あれだけぐちぐちウネウネ捻くれたけど、要は藤田俊哉が好きで好きで心配でならなかった模様です、私。 いや、今更か。
好きだから求めるものも自然と高くなってしまった訳ですが、ともかく。

良かった。 今年も、彼の居る磐田を見る事が出来て本当に良かった。
私の中でのジュビロ磐田の代名詞は、申し訳ないが中山じゃなく彼なので。
例え思われた通りの使われ方をしなかったとしても、その存在が何よりも大切。

有難う、俊哉さん。 磐田を選んでくれて。磐田に残ってくれて。
これからも、私たちを楽しませてくれる事を選んでくれて、有難う。



今年も藤田俊哉と服部年宏の微妙に素敵な連携を応援致します。
…って宣言出来るしあわせ。 やっぱこの二人はニコイチらしいよ私の中で。
[PR]
by hattori06 | 2005-01-20 12:56 | ジュビロ磐田
<< いつかは辿り着こうとするのはどうして 大丈夫私はきっと貴方を忘れるから >>