寂しくて寂しくて十六夜の闇の空で泣ける僕は

某所にて本日の『Forza!Jubilo』を見ました。
見るべきか否か迷った末に見た、山西尊裕の最後の挨拶とヒストリー。
何つーか、軽い気持ちで「最後だし見とくかー」と思ってしまったんですけれども。

ダメだ。
あれだけ「生涯磐田!」を掲げていた山西が移籍したら彼に失望するよとか抜かしていた私ですが、結局それは「移籍しないだろう」と言う仮定の元の強がりだったので。
泣きそうになった、とか、涙が出た、とかのレベルじゃない。
挨拶とヒストリーまとめて3分強の動画で号泣してしまった。
つぅか、松永直子が卑怯だった。 あの人が泣き出したのを見てスイッチが入った。
サポーターだけじゃなく、チーム応援番組のアナウンサーにもこんなに愛されて。
愛されたまま、そして愛したまま、新天地へ向かってしまうのね、貴方は。

何だか、心は流血しながらも全てスッキリさせて「畜生山西覚えてやがれ」って言う気分に無理矢理切り替えていたのですが、全部崩れ落ちた。
どうやったって大好きだし、これからチームまるごと応援出来ないのがとても辛い。
昨日あたりも言ったけど、この傷は凄く深い。
例えるならば転んで膝をすりむいたので絆創膏を貼ってみたけどどうもおかしいので、詳しく調べたら膝の皿が砕けてたようなもの。

14番永久欠番にならないかなぁ。(半ば本気)(茶野だか村井だかが付けるらしいが) →発表されてた。 個人的に健太郎が#3が良かったです。 あと洋ちゃんと謙にゃんの繰り下がりが酷過ぎると思った。
とりあえず今月いっぱいは山西は磐田の選手だったと思わせて下さい。


清水でも、早速慣れて上手くやってるようですよ。 憎たらしいじゃないですか。
同年代も多いし、ユキヒコと仲良いし、楽しそうらしいです。
彼が楽しめていればそれでいい部分もあるけど、切なくて仕方がない現実。


とりあえず。
今迄本当にどうも有難う御座いました。 何度だって感謝してやる。
[PR]
by hattori06 | 2005-01-22 23:07 | ジュビロ磐田
<< 出会いの頃とは趣味が変わったよね君は なくしたものを越える強さを >>