俺達の想い出、生きてきた記憶

水夏希さんの、宙組生として最後のお茶会が終わりました。
どうも、意識的に組替えの話を避けていたようで。
あと一週間しか宙組でいられないから。先の事は全く語らず、宙組の水夏希として、最後まで話してらした。
先輩が宙組を愛してくれて、離れる事を寂しいと思ってくれる事、それだけで宙組ファンの私は嬉しかった。

私が宝塚を、宙組を愛する一番大きなきっかけになったのは、間違いなく水夏希だった。
ありがとうの気持ちでいっぱいで、只々泣けてくる。

先輩、4年半、私の宝塚人生の全て、宙組で有り難うございました。
[PR]
by hattori06 | 2005-03-27 22:00 | from携帯
<< 互いを自分の一部と感じる ちょっと待って、行けるかも。 >>