前を向き只管に走り出さなきゃいけないのに

下のエントリのコメントに対して、長くなりそうなんでちょっとこちらで。
えーとまとまらないながらも俊哉のことを色々と考えています私も。
自分のコメントコピペしつつこれが今の私の80%くらい、頑張って言葉に出来る部分です。


個人的にはオッサン組愛の人間なので、山本監督が無理に若い子を起用して世代交代を進めたから俊哉が出て行く、と言う風には見えないのです。
じんぎゅから服部になったのが何よりだし、あくまで若手に実力でスタメンを取らせてる感はある――実際吉彰は西の怪我で抜擢されてから結果を残し、スタメンに定着しだしてる訳で。カレンも然り。
これに関しては一種の偶然もあったのは事実。 福西に河村に村井に西にロドリゴなど多くの主戦力級が怪我をしたり、突然の西野放出で枠に入りやすくなったり(ここにカレンは上手く入れたと思う)(本音言うと泰正がもう少し磐田に居たらなぁって感じですが、多分カレン>>>>泰正だったと思うよby殿サポ)

俊哉の視点は考えないとして、去年後半の俊哉を考えたらベンチに回るのも当然かと。
今年俊哉の位置に入ったのは村井さんでしたか、タイプが違うのではっきり比べることは出来ないとしても、劣りはしていないと、俊哉がそこに入るよりは良かったんではないかな、程度には思いましたし。

監督の構想がある以上、誰が悪い訳でもなく11人と言う枠があるのでそこから外れるのも仕方ない事なので、それを「納得いかない」「試合に出ないと代表に云々」言われるともう勝手にしてくれと
……は、思うんですがやっぱりそう割り切れないのが辛いんですよね。
『藤田俊哉』という存在がジュビロにとってサポーターにとってどれだけ大きいか、愛されてるかという一種の枷が、驚くほど本人にはかかってなかった事が厳しいなぁと。

そして、所謂『N-BOX』を廃止した後のトップ下に関して。
成岡は経験を積ませる為としても西は本職じゃありませんし、俊哉、そして俊哉サポ的には不本意だったかもしれません。
が、やっぱり私の考えは変わらないのですよ。
例え総合的に見て俊哉が最優秀トップ下だったとしても、やはり監督、そして全体の流れが第一だと思うので。
去年後半スタメンを落ちて、移籍云々の問題があったけれど結局磐田を選んでくれた時「何故スタメンを落ちたのか納得がいかない、それが分かるまでは此処に居るよ」みたいな事をサラリと言ってくれて「キャア俊哉さん素敵男前やっぱり何処までもついていくよ!」と思ったのは記憶に新しいのですが、
「磐田を出て行くよ」て言っちゃうって事は、「自分がスタメン落ちるの納得したから逃げるよ」くらいに斜めに受け取ってしまいます。
勿論俊哉自身がそう思ってる訳じゃないのは理解してますし、サッカー選手として『ジュビロ磐田』を考えずに『藤田俊哉』個人を考えたら移籍は間違った判断じゃない事はよくよくよーーーーーく分かるんです。
…でも、悲しいけど私ジュビサポなのよね。
『ジュビロ磐田の藤田俊哉』を愛し応援する身では、やっぱり手放しに喜ぶ事は出来ません。
でも、『藤田俊哉』個人が好きな心が完全にない訳ではないので意地張って斜に構えて居ないといつでも簡単に泣き出せそう。

だからやっぱりアレだ、今この時期を乗り越えれば厭でもどうにかなるさって言うのに限る。 それが全て。
ぐちぐち考えても頭が混乱するだけなので、傷付きながら静かに見守る事に徹します。

いや、充分うるさいよ私orz


そして日刊藤田俊哉。 ぶっちゃけ悲しいくらい愛しい。
× 消しました ×
[PR]
by hattori06 | 2005-05-17 13:35 | ジュビロ磐田
<< 都会は秒刻みの慌しさ 分かってるのは胸のドキドキ >>