立ち上がれよ…王座に座るんだ

『ボーイフロムオズ』を観て来ました。
面白かったけどリピートには向かない作品だな、と。 と言うか私宝塚に慣れちゃってるんだな、と思った。
そしてあの劇団はあの演出とお約束があるからこそ楽しめるんだな、と。
宝塚歌劇のロケットは本当に綺麗だと思い知りました。
まぁ確かに男性にやらせるから足が曲がらないのは仕方ないけどさ。
高さがバラバラとか並ぶ順番とかが美しく無かったです。

それはともかくとしてBFOですが、面白かった――と言うか退屈しないで見続ける事は出来たけれど意外と残らない。
リカさんが凄く格好良かったです。 最初は少女姿で出てくるんですが、「え?」と思うくらい違和感がなくて可愛かった。
勿論大人の女性になってからも綺麗で素敵に格好良い男前な姐さんでしたが。 カーテンコールの白いお衣装が好きだったなぁ。
歌も踊りも迫力があって、それなのに初めて見るあの人の『女性』役に何とも言えない不思議さがあって、すっかり引きずり込まれました。

IZAMくんは何もかも想像通り。 悪くは無かったけどとりたてて良くもない。
あの人は、一人だけ甘ったるかった。 綺麗とは言えない声だけど、あんなに低いのに凄く甘い。 それが役柄のあっさりした優しさと融合して、申し分なく見せてくれた。

眠さのどん底で「劇場入ったら寝る」とまで宣言していたのに結局眠気がすっ飛んだのは全て坂本くんのエンターテイナーっぷりのお陰です。
あの人錦織と東山の良い所を絶妙な薄さで継承していて凄い。 錦織のストイックさと下品さ、東山のエロさとひとを引き込む力。 本家二人が出し過ぎて鬱陶しいか、余りにもお目にかかれなくてファンとしては見たくて見たくて仕方ない部分をあくまで『坂本昌行』という色で表現している。
そしてまるで彼に見出せない植草カラーは一体何処にあるんだろう。 やっぱり長野と井ノ原に取られたんだろうかソコは。



席の良さもあり、楽しく拝見させて頂きましたー、とだけ。
『プロデューサーズ!』も観に行きたいけど、それよりその後帝劇でやる『大吉夢家族』の方が観たいよー。 月影瞳さんが出演されるんだもの。
サエコさんはどっちにしろ居るしな。 ナガイノを取るかアツヒロを取るかと問われたら、私は迷わずアツヒロを取ります。 光Gヲタですもの。
[PR]
by hattori06 | 2005-06-13 21:26 | 日常
<< 声に出せない深い心も告げる ネオクラシックなホテルライフ! >>