仕事を放り出しやってみたい気分

観劇に行った時、ジャニーズでも宝塚でも色々な演劇では近しい人や同じ事務所劇団に所属している『役者』の人が客席に!なんてのはよくある話なんですよ。
実際私も何度も宝塚の人やジャニーズの人を見ましたが、大体舞台の方に集中して、舞台そっちのけで客席を見るなんてはしたない真似はしませんでした。
ええ、斜め前に山口達也と松岡昌宏が居ても、2列前に嵐にV6にTOKIOにKinKiと勢揃いしていたとしても、舞台が全てでしたとも。
と言うのも、大抵『一番見たいひと』と言うのはその日舞台に立っている人であって、客席に来た有名人ではないから。
私は好きな人が多いのですが、その時々の愛の波によって『舞台を犠牲にしても見たい程好きな人』なんて言うのはコロコロ変わり、またその人が偶然ズドンと私と同じ日に、私の座席からも見える位置に座っているなんて、とんでもない偶然の上じゃないと有り得ないんですよ。

まぁここまで説明すれば分かると思いましたがその偶然がおこりました。

何でよりによって樹里咲穂サヨナラ公演千秋楽にあの人が居るの。
今私が全神経をかけても見たいと思う人、宙組・八雲美佳さんが。
彼女の所為で樹里さんに全神経を傾けたいと言う今日の願いは叶いませんでした。
男役・樹里咲穂の最後を、中途半端に見てしまいました。

まぁまぁ2幕はすっごい集中して樹里ぴょん見たけどね。
カーテンコールがオールスタンディングになった時、ちょうど私がセンターを見るときみちゃんの横顔が見える訳よ。
そんなのもう、公子以外に何を見れば良いのか、本当に分からなかったわよ。
凄く不満足の反面、これ以上ない程に幸福で充実。

でも多分、樹里咲穂を失う実感がなかったから出来た行動だと思う。
もう、居なくなるのか。 あの人は。
[PR]
by hattori06 | 2005-09-22 19:57 | 宝塚
<< 何もしないならば、はじまらない 焼けてる砂の微熱を冷ますように >>