いつも神を愛し敬いともと慕うこと

そんな訳で『GOD SPELL』を観てきたよ。

大沢のユダ再び!と言う事でテンション上げましたが…うーん。
いや、彼自身は美人さんでしたし演技も歌も踊りも申し分ありませんが(アレを観に来た訳だし)、正直アドリブがきつかったな…
カツゼツ悪いから何言ってるか分かったモンじゃねぇ(酷)
初演の時はもっと真面目に『ユダ』であり『おとなな大沢樹生』だったのににゃあ。
演劇を観に来た心は「…何だかなぁ」と思いましたが、大沢可愛かったからいいや!!
こういうのはジャニファン精神で乗り越えるが吉。 わざわざ高い金払って本命の悪い所を覚えてる必要はない。 寧ろそこも愛でる勢いで。
楽しみに楽しみにしていった大沢のショーパブダンサーですが… ショッキングピンクのコルセットと黒のTバックビキニに網タイツ、頭にはピンクレディ調の羽飾り。
しょ、正直初演の黒のボンテージ調コルセット+網タイツの方が素敵だった…!
でもなまっちろい尻は素敵でした。 いいねー、脚線美。 じっとり見てきたよ。
何だかんだ、悪い所も多々あったけれどもやはり踊りや変な絶叫は『大沢樹生』そのもので、身体を反らせて揺れる動きとかロングコートの裾をばしばし翻し長い手足を振り乱すその姿は光GENJIを彷彿とさせて夢を見ることが出来ました。
何が言いたいかって結局大沢が大好きだって事だorz

他キャストにも少し触れますと。
新納慎也さん、今回初めて拝見したのですが… 初演の山本くんよりハッキリと『いいひと』で、そこはかとなく胡散臭さを感じさせるのが良かったです。
山本くんの時は『純粋無垢で子供の心を持ったジーザス』の印象が強かったのですが、新納さんは『正しい事を正しいとしたまま育ったおとな』って感じで。
でも、演技が今ひとつ物足りなかったかもしれない。 特に最後の晩餐のシーン。
(皆と別れて行く姿はこれ以上ないくらい悲しかったけれども)

真織由季嬢は非常に可愛らしかったです。 笑顔が印象的。
何だか前日に骨折していたようで激しく動いたりはされなかったのですが、凄く可愛い。
何となく、彩乃かなみ嬢と咲花杏嬢を足して割ったような感じだな、と。 でもこの方男役だったんですよね…。意外ナリ。

宮川浩さん、相変わらずウマー! 素敵なおじちゃんで面白かったです。
こういう方が居ると舞台が締まると言うか、安心して観る事が出来る。
声も聴き易く、正に舞台人。 是非また観たいです。

そして今回大沢の次に私が釘付け☆だった人、真矢武さん。
理屈じゃない。 チョーカッコウィー(最上級) 大沢がアレでドレだった時は真矢さんを見てうっとりしていました。
最初はそんなに見ていなかったのですが、腹出し赤シャツにノースリーブでファー付きのロングの上着(洋服の名称知らないなぁオイ)に茶色い皮のズボンで動き回り見せる少年のような笑顔にメロンメロン。
動きがとてもキレがあって美しいのですね。 ダンスシーンは一番輝いてらっしゃいました。
宮川さんとのツーショットが美味しかった…。 あたしあそこで話してるおじちゃんふたりがだいすき!!!とテンションが凄く上がった。


話…は、特にあらすじのない話ですものね。
相変わらず音楽のノリがとても良くて(バンドは微妙だったけれど)楽しめました。
だけど、案の定観ながら頭の中で『炎にくちづけを』の事が浮かんできてしまい
宗教って悲しいなぁーと思いながらカズリョたんに想いを馳せました。

ちょうど良いタイミングで、両極端な『キリスト教』の描かれ方を観てまいります。
宙組初日まであと4日。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-03 19:19 | 好物
<< あなた変わりはないですか やってられないよなこんな恋は >>