信じろとは言ったろう?

新人公演に行って参りました。

綺麗、だった。
和涼華の持つ美しさ、その全てに全力で肯定するしか出来ない空間。
若さ、瑞々しさ、そして最期の神々しさ。 喜びも怒りも悲しみも笑顔も泣き顔も、本当に『美しい』と思った。
本役である所の和央さんも綺麗な人ですが、『マンリーコ』と言う美青年の美しさは和涼華の方がしっくり来たという印象。
彼の素直さが、純粋さが、ストレートに伝わってきて、20歳の青年相応の不器用さが悲しいくらいに美しく健気で儚い分眩しくて良かったです。

和涼華のあの美しさを見せ付けられたら、
行って良かったと心から思える。



他の方についてはまた後で。 今は上手くまとまらない。
麻音さんと八雲さんは凄いエロチカルでしたぞ。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-18 23:59 | 宝塚
<< 信じない奴を殺せとは決して決して… それだけが、我が支え >>