「ヤツラハニンゲンジャナイ」

あの人に対するアンチの書き込みで本気で傷付いたのは初めてだ。
言われて仕方ないと思ってたし、実際目にしても特に気に留めなかった。
本当に、あの人が居なくなる事を、心から喜べる人が居る。
今公演のレオノーラの気分が凄く良く分かってしまいました。


好きだし、誇らしかった。
大階段の真ん中、あの人の背中、振り返ったあの人の眼。
最高の相手役と見つめあい、零れる優しい笑み。
最強の男役陣を従え、その真ん中で踊る、クールな表情。
場面毎に違う『笑顔』――子供だったり、嘲笑だったり、苦笑だったり、全部全部。
思い出すだけでもう泣けてくる位には大好きで。

飄々とした物腰が大好きだったんだ。
幼い行動や表情が、大好きだったんだ。
あの人のスタイル、それは外見的な意味でも内面的な意味でも、その全てが、
『和央ようか』と言う個体に、シャレにならない程度に入れ込んでいたんだ。

私は、『和央ようかと花總まり率いる宙組』が好きだったんだなぁと痛感。
和央さんの退団に際し、自分の贔屓が辞めないかと不安になる友人達を見ても、何故だかついていけなかった。
想像としての不安なんかよりも、現実として突きつけられたあの人の退団のショックで、今日の出は変な空気のまま過ごして。


まとまらないし、眠れない。 悲しい。寂しい。凄い辛い。
多分、贔屓以上に辞めて欲しくなかったんだろうな、私は。和央さんに。


-------------

友人と電話。
「死にそうな声してるけど大丈夫?」と本気で心配された。
「見届けるまで死ねねぇ!!」と言った瞬間自ら涙腺ぶっちぎり。
号泣して話にならねぇでやんの。 バカじゃないの。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-26 03:10 | 宝塚
<< 凍えた南の海の夢 命を捧げても悔いることのないひと >>