悲しみにもう負けてしまいそう

ダブルヘッダーしてきた。
私がその報を聞いたのは、18時半の公演の芝居後の中休憩。
13時公演、おかしかったんだよ。
「必ず、追っていくから」の台詞がいつもと違ってたと言うか、搾り出すような声で。
まぁでも一週間ぶりに観たから、これも変更した演技なのかなぁと軽く流した。

その後のショー、彼女はいつも通りだった。 流石プロフェッショナル。
だから、彼女を見て涙する事は、なかった。
号泣を誘われたのは遼河はるひ、その人の表情を見てしまってから。
水色燕尾で花總さんをリフトする前、いつもの柔らかい笑顔を作ろうとしたのに、それが突然翳って、笑いたいような泣きたいような、せめてキメ顔を作りたいような、何とも表現し難いカッコ悪い顔で、花總さんを抱き上げて、そして踊っていた。
その後は何とか平静を取り戻したようで、カッチョイイアヒくんだったけれども。
フィナーレ、大階段を降りてくる時のソロ。 普段の明るい声と笑顔を期待していたのに。
震える声、無理やり作る笑顔(崩れては作ろうとするからもう格好悪いってモンじゃない)、音程もあやしかったんじゃないかな。
その人の明らかな動揺が、彼女が居なくなるという事が事実なんだと私に教えた。


嗚呼。
宙組主演娘役 花總まり 退団のお知らせ
[PR]
by hattori06 | 2005-11-08 23:52 | 宝塚
<< さぁ、あの人の元へ…! 今はゆっくりお休み… >>