今は、違うあの人が居る。

八雲さんに会えなかったダメージは結構致命傷だけど、それは明日の入り待ちに参加する事でチャラにしたい。 物凄く会いたいんだもの。
で、『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』は今日が見納めだったんですが、改めて八雲美佳に惚れ直すという結果に相成りました。
だってだってだってあの人凄いかっこいい!!
1回の公演で色々な表情が見られるので、ときめきが早鐘を打ちます。
冷酷な無表情も、怒りに震える様も、快楽に似た黒い笑みも、全部素敵。 全部泣きそうになる程格好良くて、ドキドキする。 こんな感覚初めてだ。
パーンチさんを鎖に繋いで出て来た所、それまで無表情だったのに伯爵に指示された瞬間に静かにニヤリと悪い笑みが零れたのにすっごいときめいた。

何かもう基本的に大好きになってしまったんだなぁと思うよ。
格好良いなぁ可愛いなぁ美人だなぁ、って見てるだけで凄い満足感が得られる。
♪お前の胸に飛び込む!で今日もバチコン飛び込まれたのですが、ヒャアア!って泣きそうになったからね。 火曜日もそうだったけど。先月もそうだったけど。
そう言えば東京公演の初日は2階A席上手で、普通に八雲さんのウインクポイントだったからバシバシ来てる気になって幸せだったんだよなぁ。

彼女を語ろうと思うと、今はもう『だいすき』しかない。
会いたい。 まさか、此処まで餓えようとは。
右京さんにはこんな風に思った事なかったのになー。 あの人は『一番好き』でありながら『見てるだけで充分しあわせ』な人で、私が応援してるなんて伝えたくなかったのだよ。
1年以上会活動続けて何を言うかと思われましょうが、でも事実なんだもん。
アヒくんとかまさことか月丘さんとか珠洲さんとかと同じ、『お腹いっぱいになるくらい大好きだけど接触出来ない存在』が一番応援し易いスタンスだったんだ。
[PR]
by hattori06 | 2005-11-11 22:07 | 宝塚
<< 弟君の傍らに…? 止めたくて僕は鍵を探してる >>