海でさえも悲しみを湛えるのだから

昨日観劇後に色々整理して、一番自分が楽しい見方で見ようと思って望んだ千秋楽。

ヘイワードさん本位で見た。 彼の全てが愛しかったから、素敵だったから。
自分貴城ファンだもんで、昨日まではローリーもトニーも全肯定!二人とも素敵!と思っていたのですが、今日はもう壮くんのみをピン撮り感情移入しつつ。
作品に関してのみ言えば、一番後味が悪かった。

むごい。 何だ、この話。 感想も何もない。
壮さん、やっと役に恵まれたと思う。 けれど、作品には相変わらず恵まれなかった。
誰か彼を幸せにしてあげて。 そして、この作品では最期に彼を幸せに送れたのはローリーだけだったのに、彼は最後の最後で酷い裏切りをしてくれた。
もう、大好きな人が演じているのに役が憎くてならないですよ。 ローレンス、好きなんだけどな。シルヴィアに対して以外は全部、いい男なのに。


気分が凄い沈んでるので、ナウオンの壮くんとカシやんのデロデロっぷりに溶ける事にします。
あーーーーいいな!!! 壮カシっていいな!!!!!!(無理やりテンションage)


あ、ラギちゃんは相変わらず可愛かったです。 是非持って帰りたい。
[PR]
by hattori06 | 2005-12-02 20:35 | 宝塚
<< 青い稲妻が僕を責める あいつは再び現れる >>