何にも勝る全てを私は自ら疑った

有り得なすぎて涙出て来た。
悔しい。

タカコさんはお大事になさって下さい、本当に。

以下下級生ファンの逆恨み的呟き。



和央さんが心配な一方で物凄い悔しさというか喪失感があって、そんな自分が嫌だけd吐き出さずに居られないので吐く。

初めてソロ貰って、各々見せ場があって、主演さんと本公演では考えられないくらいの距離で絡ませて頂いて、皆楽しそうで。
そんな彼女達を見たくて見たくて仕方なかった、これから観劇予定の彼女達のファンはどうすればいいのよ。

私が取った青年館チケット7公演。
定価以上のものもあるけど、まぁそれは大した痛みじゃない。 上乗せしたって彼女を見たかったんだから。

八雲さんが見たい。颯斗が見たい。ちぎ太が見たい。姫が見たい。亜呼たんが見たい。カイくんが見たい。みー様が見たい。大さんが見たい。らいらが見たい。さくらが見たい。あゆみが見たい。りりあが見たい。
頑張る彼女達が、見たかった。
ちぎ太以外は路線外の扱いである彼女達がソロ貰って楽しそうに活躍していたんだよ。

和央さんも、やりたい事をやらせて貰えて、楽しかっただろう。
下級生達もそんな和央さんを支えられて、きっと楽しかったし嬉しかったと思う。
そんな素晴らしい作品が、こんな悲しい事故と思い出で封印されてしまうのが、辛い。


とりあえず私はクリスマス合わせのプレゼントとファンレターをどうにかする。
ファンレター書き直して、一応劇団に送るか。
昨日の昼に書き上げたそれは、相変わらずの盲目ラヴっぷりがテンション高く綴られていて、貰う方も恥ずかしいような文面だけど。


私の期待が大き過ぎたのもいけなかった。
和央さんのライヴショーが吉正ってだけで出演者未定でも最低3回は行く!と豪語して、出演者発表に八雲さんとちぎ太と颯斗が居てこれ無茶しても行く!てテンション上げて、稽古風景見て相変わらずの吉正の選曲に感動して(今迄で一番好きかも)、初日の映像と感想で期待とときめきが未だ嘗て無い位膨れ上がって。
…で、これだ。

かっこよかったなぁ。 あいたかったなぁ。
切ない。

和央ようかさんの完治を祈るばかりです。
[PR]
by hattori06 | 2005-12-22 16:32 | 宝塚
<< お前らに私が殺せるか 貴方が生きている、それだけが我が望み >>