心が熱くなるって何かいいね

齋藤先生の何が好きか。

彼は私の知る限り今の宝塚で一番『生徒のファン』の視点を大事にしているから。
具体的に特定の生徒が好きとかそう言う意味でなく(ex植田景子)、この生徒の事が好きな人は、彼女でどんなものが見たいだろうというのを凄く大事に考えていると思う。
今回の場合は和央ようかと言う人の意見を最大限に生かし、それを最高のエンターテイメントにする為に大劇場公演だと『背景』でしかないような生徒達に役所を振り分けた。
生徒へ、そしてファンへの愛と「楽しませよう」ていう意気が何より強く感じられたんだよね。(そう言えばざっと見ただけのリカコンやクララライブも、生徒さんを凄く良く生かしていたわ)
大劇場公演だって、まず自分の作りたい作品を作ってからこれは主演の役、これは二番手の役、これは三番手の役、と生徒の個性関係なく振り分けずに(ex三木章雄)まず生徒ありきで其処から膨らませていくような作り方をしていて、嬉しい。
そして美しいものを創造出来る、そんな所が大好きだと今回の公演中止で強く思いました。

確かに一般受けしないけど!!好き勝手やってる部分も大きいあるけど!!話は穴だらけだけど!!それが長所を補う程の難点だって意見も理解出来るけど!! いいじゃないちょっとは盲目的にならせてよ!!

齋藤先生だいすきです。 本当頑張って欲しい。 お慕いしております。
[PR]
by hattori06 | 2005-12-24 19:19 | 宝塚
<< こんな時こそ愛は力の泉となり お前らに私が殺せるか >>