アジアユース韓国戦

増島って上手いなぁと思いながら。
DFの彼の上手さが顕著に見える試合内容にウンザリしながら。

日本はボールに対して消極的。 パスは、味方じゃなくて空いてる場所に出す。
だからミスも多く、韓国に何度も奪われてカウンターで攻められる。
その度に船谷や増島、小林なんかがクリアして、辛い時間帯を過ごす訳だが。

前の数戦から、日本はクリアボールの行く先に無頓着と言うか。
とりあえずその場はクリアして、敵に奪われたらまた取り返しに行く感じが多い。
その点、韓国も、今迄の対戦国もしっかりしているもので。
クリアボールは必ずマイボールに。 ダメでも二度三度のチャンスを作っていて。
ボールに対する執着心が、全然違う。 何で日本はそこでつめてくれないかなぁ。

渡邉千真は、よくあのプレッシャーの中で結果を出したと思うよ。 ラッキーみたいなゴールだったけど。
でも、あの同点弾はその前の森本が上手かった。 あの後のゴタつきで得点が生まれて本当に良かった。

問題はカレンと平山だよなぁ。 カレンくん、スペースを切り裂く能力を持ってるのに
何故だか上手く機能していないのは、周囲のパス回し・ポジショニングの悪い意味での適当さでしょうか。
上手く噛み合った時は素晴らしいのに、クロスを上げた場所に相手が居ない、
もしくは敵DFに挟まれて奪われてしまう。 その辺りが辛いなぁ。
相太さんは相変わらず流れの中では大きいだけで怖さも何もない。
もっと力強く、ガツガツ行って頂きたいものですが… あれはもう人柄?(笑)
彼を『絶対』と置いて、頼りすぎる現在のこの戦術が好きではない。
2トップなのに、彼に1トップの動きをさせているような。 相手にも読まれてるような。

延長、どちらも疲れが見えて、ぐだぐだな時間が多いです。
韓国も日本も周りが見えてない。 スペースがガラ空きなのに、そこが見えないのか。
失点シーン、まさにその疲れからやられたなぁ。
DF、一定の距離でついては居るけど、何故だか寄せに行かない。
そこを突かれたようなモンだ。

とにかく球際の弱さが気になる。


ってオイ平山ァァァァァ!!!!! 涙が出てきた。



---------試合終了
崩れ落ちる増島を見ていたら、漠然と泣けてくる。
その後、もしかしたら相太さんとか貴幸さんとかカレンくんとか船谷とか、映ったかもしれないけど
もう増島の姿だけでいっぱいいっぱいで、逃げるようにテレビを消した。

確かに2度追いついた。 2回共最後の最後、ロスタイムで。
もうちょっと前にどうにか出来た、筈なのに。 今の彼らにはそれが出来なくて。
身体的な疲労も、精神的な疲労すらも、テレビ観戦で見えるほどの消耗っぷり。

頑張った過程と言うのは、結果が伴ってこそ評価されるものだから。
今回は悔しいけれど、PKを3人が外してる時点で、そこまで。
あそこまで自力で食いついて引っ張って負けると、凄い脱力感が。
アジアカップもカタール戦も似たようなモンかもしれないけど、勝ってきてたからね。

今はこれが精一杯。
[PR]
by hattori06 | 2004-10-06 21:30 | サッカー
<< 待ちに待った系 毎月恒例ネスレのアレ >>