<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今は、もう誰も。

最近死にたい死にたいと鬱々としていたけれど、半分片がつきました。
やっぱり自分の気持ちは決まってたんだねぇと終わった今思っております。
ああ、でも今はちょっとまだ死ぬ的な事を口癖にして生きて行きたい。
寧ろ口癖が『死ぬ』じゃない私なんて私じゃない。一日平均40回は些細な事で死のうと思うくらいなんだから。

でもそんな話をぐだぐだしても仕方が無いので久々に磐田エントリです。
サポーターマガジンが「さぁツッコめ!!」とばかりに届いたので、素直に同調しようと思います。

あの対談はふざけてるんでしょうか。
興味深い話もあって面白かったけど、ぶっちゃけ私あーいう冗談が大嫌いなので(信じて貰えないとは思うけどね)何ていうか正直痛み分け。
其処は其処として。 相変わらず読む所のないサポマガにしては、久々に「面白い」と言う感想を抱けたページが3Pもあったのは良い事だと思います。
選手のインタビューをちょこちょこ交えつつも記者の意見と大きい写真でごまかされるよりは対談の方がどれだけ貴重かと改めて思い知りました。
つーか以前、サポマガが会員限定になる前に河村と服部が対談してたのが『新コーナー』的な冠で掲載されていたけれども何故無くなってしまったのかしらね。
何度も何度も繰り返すようだけれども本当に今のこの形状のサポマガが面白いと本気で心から思える人って一体何人居るんでしょう。 マジで。


-------------
うはー、本当は違う事を言おうとしたけど結構やっぱ引きずってる臭いよ!!
去年も散々言ったけれど今また繰り返そう。 好きな気持ちはいつでもネガティブ。
私は前向きになると必ず最悪なまでの失敗をするから、常に後ろ向きなのかもしれないなぁ。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-31 23:43 | 磐田雑談

決めないで、愛の面積を

nagisaちゃんのエントリタイトルに激しく反応。
ピタゴラスに逆らってしまうおつもりですか、お姉さま。


短時間爆睡したら、もう眠れない。
折角だから今日は入りから参加して、午前公演だけ見て帰って昼寝して出待ちだべなー
貸切公演でチケット余ってたら見ようと思ったけど、10日の阪急狙いにするわ。


と言う訳で、昨日フライングゲットした少年隊のDVDを見つつ、お風呂沸かしてたり。
植草、オッサンだけど可愛いなぁ。 此処数年のDVDじゃ良い顔してるよ。
映像で見ると東山がドンドコ老けて行ってる事に気付いて軽く衝撃。
そして錦織先生はガチでかっこいい。 やっぱりアッシュ髪ラブ。黒茶髪ラブ。
で、やっぱりこうして見て思うのは『舞台はナマに限る』ということで御座います。
特にこの作品、内容なんてないもんね。 只々『少年隊』が好きな人がキャーキャーするだけだものね。
意味がまるで分からない。 けれど、ファンには懐かしくて愛しくてたまらない。 内輪受け上等。と言うか、それが全て。
それが正しい『PlayZone』の姿であって欲しいと、ファンは思う訳です。
変にストーリー作って粗が見えた2002年、『少年隊』でありながら一人一人のストーリーで絡む場面のなかった2003年、『PlayZone』ですらなかった2004年を見ると、やっぱり今年は最高に面白かったなぁ、と。
2000年からずっと見てますが、私の中でランキングつけるなら00年>05年>03年>01年>02年>>>>>>>>>>>>04年、て感じです。
ウェッサイだけは絶対認めねぇ(笑) 嵐verは見たかったけどにゃー(マリア@たっちんが)(やっぱり其処か)(翔×たっちんとか絶対カワイイ)

ああ、しかし面白い。 くだらねぇー!!!
植草の空回りっぷりが本当に愛しくてならない。 東山の嫌味っぷりにキュンキュンする。 錦織先生の我関せず、サラッと爆弾落とすあたりに騒ぐ乙女心恋心。
あと裁判長晃のガンバリがとても可愛らしく、秋山の変な間の良さと悪さのバランスも好きです。 アツヒロの妙なテンションと米花ツヨくんの可愛さも好きです。
私は本当に、少年隊とそれをとりまく周囲のジャニーズの人達が大好きなんだなぁと思ってとても面白いです。

少年隊 PLAYZONE2005 ~20th Anniversary~ Twenty Years ・・・そしてまだ見ぬ未来へ (初回限定版)
/ ジャニーズ・エンタテイメント


----------(追記
監禁王子ネタが入ってた!!! テニプリ発言がDVDに残ってた!!!
先生チョーカッコイー(デロデロ)(溶)
[PR]
by hattori06 | 2005-10-29 04:26 | 好物

これは、死のしるしなんだ。

観て来た。
退団発表してから、最初の観劇。

『彼』が登場しただけで泣けたものね。
鬼気迫るものがあった、と言うか。
一回一回をいとおしむように、尊むように、丁寧に愛する『彼』の姿が
悲しい分、とてもとても美しく綺麗だった。

「嘆かないで。こんな時こそ愛は力の泉となり、勝利を私にもたらすのだ。」
そう歌いながら微笑む彼の瞳から涙。
言われる方の彼女が泣くのは演技的にも問題がないのに、微笑み励ます彼が泣いてはいけないよ。 『後ろ』が見えてしまうよ。『和央ようか』が見えてしまうよ。
「必ず、追っていくから」「貴方が生きている、それだけが我が望み」
そう歌う彼女も笑顔で泣きながら、彼の腕の中で絶命していく。
なんて、なんて悲しい物語なのだろう。
なんて悲しい現実が、近付いてくるのだろう。

ショーの最後、水色の燕尾で刹那のデュエットダンスを踊る大和花總。
何だか、辛くて見ていたくない、と思った。 好きだったんだけどな。
和央大和の男二人の踊りも、何故か妙に胸を抉られるようで。
冷たく深い和央さんの瞳の奥の見えた優しさのような決意のようなものを、タニオカさんはあの真面目で一本で素直な眼で汲み応えているようだった。

この期に及んで、改めて思う。
水夏希が間に居たら、とか。
もう思うだけ無駄だけれど。


明日も見てきます。 オス。
右京さんはかっこいいな!て改めて思いました。 ときめいた。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-28 20:51 | 宝塚

凍えた南の海の夢

今日は入り待ち行こうかなぁ。凄い悩み中。
何なら初めて当日券と言うものに手を出しても構わない。 ってキミ今週金土日と観劇(&遼河茶)の予定だろう。
それでも、足りない。 まだ観劇予定は10回程度?残っているけど、足りない。

正直、新人公演を見た段階で「もう充分観たな」と思ったんですよ。
それは和涼華が素晴らしかったから錯覚しただけかもしれないのですが、ともかく。
此処に来て、和央さんの退団の報が飛び込んで、そしてまた錯覚してるのかもしれない。

和央ようか退団。
字で見るとなんだかとてもサラッと流せるのに、
その言葉に意味をつけると途端に視界は潤んで涙が溢れる。
昨日、CSにて『満天星大夜總会』の伊織さんと花ちゃんと3人での銀橋ウエディングのシーンが流れましたが、その瞬間に号泣出来たものね。
今迄、何故にこの感想が出てこなかったのか。
それは、余りに当然と言うか一目瞭然で、言葉に出すのが馬鹿らしいからだったのかもね。
そして、その感情に支配されダメ人間になれる程強い想いでもなかったからか。

「和央さん、かっこいい。」

今は只その事実だけで泣ける。 あの人が凄く綺麗でかっこいい、それだけで泣ける。


あんなに希望に満ち満ちた『ミレニアム・チャレンジャー』の歌詞が凄く痛い。
きみとであえてよかった。 その言葉が和央ようかの為の詩だと思うとまた涙。

この2日?で泣きすぎだ私。
宝塚ファンになって、今一番泣いてる。
今が一番悲しい。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-27 05:48 | 宝塚

「ヤツラハニンゲンジャナイ」

あの人に対するアンチの書き込みで本気で傷付いたのは初めてだ。
言われて仕方ないと思ってたし、実際目にしても特に気に留めなかった。
本当に、あの人が居なくなる事を、心から喜べる人が居る。
今公演のレオノーラの気分が凄く良く分かってしまいました。


好きだし、誇らしかった。
大階段の真ん中、あの人の背中、振り返ったあの人の眼。
最高の相手役と見つめあい、零れる優しい笑み。
最強の男役陣を従え、その真ん中で踊る、クールな表情。
場面毎に違う『笑顔』――子供だったり、嘲笑だったり、苦笑だったり、全部全部。
思い出すだけでもう泣けてくる位には大好きで。

飄々とした物腰が大好きだったんだ。
幼い行動や表情が、大好きだったんだ。
あの人のスタイル、それは外見的な意味でも内面的な意味でも、その全てが、
『和央ようか』と言う個体に、シャレにならない程度に入れ込んでいたんだ。

私は、『和央ようかと花總まり率いる宙組』が好きだったんだなぁと痛感。
和央さんの退団に際し、自分の贔屓が辞めないかと不安になる友人達を見ても、何故だかついていけなかった。
想像としての不安なんかよりも、現実として突きつけられたあの人の退団のショックで、今日の出は変な空気のまま過ごして。


まとまらないし、眠れない。 悲しい。寂しい。凄い辛い。
多分、贔屓以上に辞めて欲しくなかったんだろうな、私は。和央さんに。


-------------

友人と電話。
「死にそうな声してるけど大丈夫?」と本気で心配された。
「見届けるまで死ねねぇ!!」と言った瞬間自ら涙腺ぶっちぎり。
号泣して話にならねぇでやんの。 バカじゃないの。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-26 03:10 | 宝塚

命を捧げても悔いることのないひと

宙組主演男役 和央ようか 退団のお知らせ

宙組主演男役・和央ようかが、2006年7月2日(日)の東京宝塚劇場公演『NEVER SAY  GOODBYE』―ある愛の軌跡-の千秋楽をもって退団することになりましたのでお知らせいたします。
今は色々無理ですがちょっと今日出待ちに行って来ます。
今はちょっと涙が止まらないのですが、何か凄い喪失感に包まれて大変なのですが、私はどうすればいいですか。

皮肉なのは。
CSで宙組の『NowOnStage』を見てる最中に飛び込んできた報ということ。
テレビの中で今和央さんが、明るく話してる。

軽く、生きていけないほどの、ショック。
朝から続いた原因不明の体調不良は、まさかこれを暗示していたのかしら。

本当に涙が止まらないんだけど誰か助けれー 助けれー
[PR]
by hattori06 | 2005-10-25 18:17 | 宝塚

失くしたものさえ、分からない。

おれたちはきらいじゃなーーーーいっ!!!!
今日も見てきました。イェイイェイ!!楽しかった!!
お芝居でチャール@まさこの胸に飛び込む(語弊)八雲さんは今日も乙女で可愛面白かったです。

右京さんの出が遅かったので、いのさんを強制的に引っ張り込んで一緒に楽屋前でウォッチ。
天羽さんがかっこいいと言う話で一方的に盛り上がってました。テヘヘ!!
て言うか、アラビアンダンサーの天羽さんの色気が凄くひどい。本当に燕尾出てないのが悔しくてならない。
そこでふと思ったのですが、今回のショーは珠洲さんの使い方が凄く勿体無いですよね。
私はフィナーレの時のようにかっちりした正統派男役の髪型が大好きなので、赤い所やタップの長めで前髪崩して作ったようなアレは、確かに可愛いとは思いますけども物足りないのです。
珠洲さんは、可愛さにアクセントつけると底抜けに可愛くなってしまうので(若干盲目気味)普通に、王道男役としてピリリとクールビューティー、黒い華として咲き誇って頂きたいのです。
『男役・珠洲春希』がオイシイのは、『シカゴ』のシーンで鮎瀬美都ちゃんと踊る所。
あそこは私の一目惚れした珠洲さんでした。 ちっさいけど男前、何より雄弁なその踊り。
だがしかし、その後はロシアンビューティーにスターシャルマントだもんな…
着たら絶対素敵な水色変わり燕尾に居ないのが勿体無くてならない。
だから、今回のショーの珠洲さんで一番好きなのはフィナーレ。 銀橋に行く前に月丘さんと微笑み合う所。
絶対、珠洲さんの使い方がおかしいと思う。 ロシアンビューティー可愛いし、凄く目立つオイシイ役だけど、ファンは男役としての珠洲さんが見たいのだよ。
ガイチさんも無駄遣いしてるけど、実は珠洲さんも出番の割りに勿体無いという話でした。
夢貴羽月丘はそもそも出番が少ないけどな!! くそう。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-24 23:03 | 宝塚

スキールは叫びさ

ばーーーーー!!!!!(泣き声)
東京モーターショー、行けない!!!!!
宙組公演とぶちあたるなんて予想していなかった、寧ろ今週開幕してた事は忘れてた。
くうう、発表があった時から凄く凄く凄く行きたかったのに!!!

…でも、画像見る限り微妙だなぁ…

これだったらナマで観られなくても、泣かないかもしれない。て言うかもう満足。
やっぱりR-32のあのフォルムが最高、次いで34のお尻。
PROTOは期待してたけど、全面が美人さんじゃないので評価が低いわー


これから手紙書いて出待ちに行ってきます。
ぼちぼち自分の気持ちも見えてくるのだろう。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-23 18:10 | 日常

繰り返す波の子守唄胸に溢れ

貸切公演に行ってきたっちゃ☆(どのキャラで行くの木下さん)
今回の公演は貸切と言っても遊ぶ所がないものね、と期待せずに観ていたら、流石貴羽右京
家臣、普段の髪型ではなくリーゼントで全編通されておりました。
すごい、何て言うかすごいかっこいい!!!!!! 格好良過ぎてちょっと泣いた。
右京さんの力入った髪形久々に見ましたもので、衝撃でやられております。
やだー、普通に格好良いじゃなーい。 思わずデレデレしてしまう。 デレデレ。

パイレーツの所は、薫vs右京さんのじゃんけんは今日も負けておりました。
私あの人が薫に勝った所見た事ないけど…大丈夫だろうか。
夢さんとはともかく、同期で絡んでるのはあそこだけなので大喜びで見ています。
(ちなみにガイチさんが歌ってらっしゃる際、後ろの階段に和央さんと薫が昇って?居て、薫は下手側の塊に指差したり煽ったりしてるのです)(で、右京さんとはじゃんけん)(※薫…やまとゆうがさん)

目覚める所の右京さんと公子さんのスミレコードの限界に挑戦のシーン(いつも失敗してると思う)(公子嬢やりすぎ)は、今日はあっさりしてる分エロかったです。
右京さんの手をぎゅっと握る八雲さん、右京さんもそれに応えて緩急つけて握り返し。
普段はそこで離れたら、まぁアイコンタクトはありつつ終了なのですが今日は違い、最後…再び果て倒れた時に、八雲さんの太股をがしっと掴む右京さん
あの人に何があったのか。
右京さんは男に手を出すような人じゃなかったのに…!!!! 恐るべし八雲美佳。
需要がまるでない二人なのがたまらなく面白いです。 ライララ!!

しかし私も慣れたモンで、最初は衝撃映像とばかりに食いついていたんですが、もう何が起きても驚かないようになりました。
いいよ、宙組も他組を見習ってホモ要素を取り入れてみるのも挑戦じゃないかな。
取り入れる人間が激しく間違ってるけどな。
十輝遼河なら凄くキレイだと思うけど、貴羽八雲って…orz ネタですか?


明日も朝早いので寝まーす。
カーマインのビデオ回したら即寝出来る、とおもう。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-22 22:44 | 宝塚

君はいつも僕の薬箱さ

Jリーグ選手協会のJ's MOVIEでまさかの肉兄弟ニアミス
俊哉が移籍した今でもこの3人に実はさりげなく変わらぬ愛を抱いてるワタクシ大興奮。
つーか本気で山口慶空気嫁と思ってしまったもの。 あとちょっとなのにー!!

で、久々に喋る藤田俊哉を見た訳ですが…。
何か大人になったねとしくん、妙に落ち着いた気がする。
磐田に居た頃はもっとこうキャピキャピされていたと言うか、真面目な話してるのにやけに声が高くて面白い印象があったのですが、何か声すら低くなったね。
成績が落ち込んでいるとすぐに泣きそうな声でしょぼしょぼ喋っていたけれど大人になったねとしくん(2回言った)

もう『藤田俊哉』を見る分には全然大丈夫。
実は一時期拒絶反応起こして、見ると即鬱に落ちる事も出来たけれど今はそれはないみたい。 ちょっと、それを忘れてうっかり動画開いてヤベー!と思ったんだけどさ。

彼に関しては全て過去形で語れる、かもしれない。
前も言ったけど本当に色々あったから、彼が居なくなった事で磐田へのモチベーションは正直少し下がったし、でも彼に陶酔しきって居た頃と比べれば藤田俊哉に関しての愛は眼に見えて冷めていて生きて行き易くはなった。

未だに藤田の話をする時は、彼が自分がピークに鬱だった時の原因の一つでもあるから、物凄いメンヘル臭くなる。
あとはこれを取り除くだけじゃろうなぁ。
[PR]
by hattori06 | 2005-10-20 14:05 | 磐田雑談